Classic IH対応 26cm」 5号 Fryingpan 打ち出し 「クラシックフライパン Turk turk(ターク) 鉄フライパン 26cm

サイズ(約):W26.0×H11.5×D48.0cm
本体重量:約1.7kg
材質:銑鉄
原産国:ドイツ商品紹介1枚の鉄板より打ち出されたこだわりの鍛造クラシックフライパン。熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創設し、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、150年以上変わらない製法でフライパンを作り続けています。鉄の塊を高温で加熱して鍛造してくタークのフライパンは、つなぎ目のない一体型ですので取っ手がとれてしまうこともありません。「100年使えるフライパン」と言われるように、何代にもわたってお使いいただけるフライパンです。テフロン加工のフライパンとくらべ、片手で振ったりできる軽さはありませんが、熱伝導がよく保温性に富み、食材の持ち味を充分に引き出し美味しく仕上げることができます。また鉄は油との相性も抜群でフライパン全体にきれいに油がなじみます。鉄フライパンは強度も高く堅剛で空焼きしても劣化がありません。使えば使うほどなじみ、よりよく美味しく調理でき風合いも増します。ドイツはもとよりヨーロッパで,このマイスターが作るクラシックなフライパンが見直され生産が追いつかない状況です。焼き慣らしも簡単です。まず軽く洗剤で洗い、油をまんべんなくフライパンにひいて、ジャガイモやニンジンなどの野菜くずと小さじ1杯の塩で炒めます。野菜に火が通り、フライパンの底が黒くなり始めたら焼き慣らしが完了です。手作りのため、表記のサイズ・重さと異なる場合がございます。●鉄の塊(銑鉄)から高温で加熱を繰り返し鍛造していく、つなぎ目のない一体型のフライパン。肉、魚、野菜、パンケーキなど素材の持ち味を生かしたシンプルに焼く料理がおすすめ●熟練した鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創業。鉱山のあるルール地方、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、代々技術を受け継ぐ職人によりクラシックなフライパンを作り続けている。鉄の塊(銑鉄)を真っ赤に熱し、何度も叩いて成形した鍛造のフライパンは強靭でつなぎ目のない一体型のため、適切なお手入れをすれば世代を超えて使用できる。熱まわりがよく蓄熱性に優れているので、食材の持ち味を十分に引き出しながらじっくりと安定した調理が可能。厚い肉の塊も温度が下がりにくく水分をよくとばすため、外はカリッと、中は肉汁を留めたジューシーなステーキが焼ける。野菜もシャキッと歯ごたえよく、卵焼きやパンケーキ、トースト等も焼ムラができず程よい焼き色を付ける。職人によって一つ一つ鍛錬仕上げされたフライパンは、無骨で荒々しい佇まいだが、使い込むほどに馴染み、鉄肌も艶を増してより味わい深くなっていく●YouTubeで「ターク 焼きならし」で検索してください。動画で焼きならし方法をご説明している●一つ一つ手作りの為、サイズ重量は多少異なる

Classic 26cm 鉄フライパン turk(ターク) Turk 「クラシックフライパン 打ち出し Fryingpan 5号 26cm」 IH対応 フライパン 最も優遇

舞鶴引揚記念館 令和3年度 第1回企画展『太平洋戦争開戦80年 開戦と満洲と抑留と』の開催について

 今年は太平洋戦争(大東亜戦争)開戦から80年にあたります。真珠湾攻撃、マレー作戦に始まったこの戦争は、終戦直前の満洲侵攻へと続きシベリア抑留へとつながりました。

 当館に収蔵している絵画や絵葉書を中心に開戦から終戦・抑留まで振り返り、ちばてつや氏など著名漫画家がみた開戦後の満洲の姿をたどります。


 ※ pdfはコチラ

Classic 26cm 鉄フライパン turk(ターク) Turk 「クラシックフライパン 打ち出し Fryingpan 5号 26cm」 IH対応 フライパン 最も優遇

開館時間 午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

     ※展示期間中の休館日:5月20日(木)6月17日(木)

会  場 舞鶴引揚記念館 企画絵画展示室

      (企画展は無料。別途入館料が必要です)

展示資料点数 約45点

      回想記録画およびさし絵16点、絵葉書16点、出征の旗10点、他

 

主な展示作品

「はじめて見た日本は箱庭みたいに

きれいだった」 赤塚富士夫氏絵画

「キョロキョロ、何かおもしろいもの

はないかな」 ちばてつや氏絵画