karrimor リッジ カリマー medium/シーグレイ 916 30





様々なトレッキングスタイルに対応するカリマーの定番中型リュック。背面システムには、3Dバックパネルを内臓し、フィット感と安定性を高めています。
▼ カラー
Sea Gray
▼ サイズ
30L
▼ 重さ
1550g
▼ 大きさ
65×32×24cm
▼ 容量
30リットル
▼ 素材
KS-N210d Dynatec / KS-N210d HT Baby R/S
▼ 機能・特長
・収納性に優れたマチ付きのフロントギアポケット。表面にはジッパーマップポケットも配置。山行中に脱いだジャケット・ヘルメットなども入ってしまう大容量のサイズとなっています。
・雨蓋の四隅には、ギアの携行に重宝し、拡張性を高めるアタッチメントループを配置
・チェストベルトは、より安定性に優れるタイプを採用。ホイッスル付属。
・専用レインカバー付き。(ridge 40はボトムアクセスジッパー、ridge 30はサイドアクセスジッパーに収納)
・身体に触れる部分には、「活性炭加工」を施したエアメッシュ素材を配置。活性炭の練り込まれたメッシュは、吸汗・速乾性に優れ、快適さを長続きさせます。
・ハイドレーション対応。雨蓋のホールを経由し、ボディ内部にハイドレーション本体を収納できる。
・ヘルメットホルダー配置。(雨蓋を開くと、背面側に配置。)カラビナなどで固定し、ヘルメットなどを落下防止する役割がある。
・雨蓋を前後に調整し、アルパイン山行に役立つヘッドクリアランス設計。岩場や急登など、頭を上に向けるようなシーンに。
▼ 背面長
47cm
▼ 付属品
専用レインカバー

karrimor リッジ カリマー medium/シーグレイ 916 30 バックパック・リュック 驚きの価格

舞鶴引揚記念館 令和3年度 第1回企画展『太平洋戦争開戦80年 開戦と満洲と抑留と』の開催について

 今年は太平洋戦争(大東亜戦争)開戦から80年にあたります。真珠湾攻撃、マレー作戦に始まったこの戦争は、終戦直前の満洲侵攻へと続きシベリア抑留へとつながりました。

 当館に収蔵している絵画や絵葉書を中心に開戦から終戦・抑留まで振り返り、ちばてつや氏など著名漫画家がみた開戦後の満洲の姿をたどります。


 ※ pdfはコチラ

karrimor リッジ カリマー medium/シーグレイ 916 30 バックパック・リュック 驚きの価格

開館時間 午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

     ※展示期間中の休館日:5月20日(木)6月17日(木)

会  場 舞鶴引揚記念館 企画絵画展示室

      (企画展は無料。別途入館料が必要です)

展示資料点数 約45点

      回想記録画およびさし絵16点、絵葉書16点、出征の旗10点、他

 

主な展示作品

「はじめて見た日本は箱庭みたいに

きれいだった」 赤塚富士夫氏絵画

「キョロキョロ、何かおもしろいもの

はないかな」 ちばてつや氏絵画